2019年1月4日

詩誌『エウメニデス 57号』掲載のお知らせ

小島きみ子さん編集、詩誌『エウメニデス 57号』の書評に、詩集『月影という名の』を取り上げていただきました。作品「砂漠の麦」について書かれた「人生への誠実さ」という言葉に、はっとさせられました。難しい指針です。愚直に美しく、誠実に泥臭く、今年も物語に向き合っていきたいと思います。

【引用詩の訂正・作品「血の鎖」】

誤 東京の水にそろって腹を下さい
正 東京の水にそろって腹を下し


2018年12月29日

『樹林』冬号、掲載のお知らせ

『樹林』冬号の詩時評にて、詩集『月影という名の』を取り上げていただきました。偶然にも小野賞の特集号で、なんだか里帰りを果たした気分です。

黒くてちょこんとしたのは、詩集にちなんだ、七宝焼きのクリスマスプレゼント。どうもありがとう。贈ったのも贈られたのも私ですが。


2018年12月10日

現代詩ゼミナールのお知らせ

新春に参加させていただく、
現代詩ゼミナールのお知らせ

・講演 安藤元雄
「詩が立ち上がる場」

・詩の朗読
岡島弘子
中本道代
野田順子
野村喜和夫
浜田優
森水陽一郎
(敬称略、朗読順)

1月12日(土) 14:00
東京アルカディア市ヶ谷
主催・日本現代詩人会

どなたでも参加いただけます。
会員・無料 非会員・1000円


2018年12月6日

詩集評、掲載のお知らせ

詩誌『コールサック』96号の詩集評にて、佐相憲一さんが『月影という名の』について書いて下さっています。こちらの試みがすべて伝わっており、驚きとともに感謝しかありません。ありがとうございます!

著者の紹介欄、1点だけ訂正を。

・誤 森永陽一郎(もりなが) 
・正 森水陽一郎(もりみず)



また、少しさかのぼりますが、『現代詩手帖』10月号「詩書月評」にて、峯澤典子さんが『月影という名の』について書いて下さっています。とても引き締まった、芯を射抜いた短評です。こちらもありがたい。


2018年11月29日

『現代詩手帖』12月号(現代詩年鑑2019)掲載のお知らせ

現代詩手帖12月号(現代詩年鑑2019)に、「苦涙の露(くるいのつゆ)」が掲載されました。詩集『月影という名の』からの1篇となります。


(訂正・245ページ下段・9~10行目・本来は1行空きです)