1976年9月19日

Biography ・Q & A




森水 陽一郎 (もりみず・よういちろう) 

1976年 兵庫県姫路市生まれ
調理師学校卒業後、恵比寿「モナリザ」、銀座「レカン」等に勤務
慶應義塾大学文学部 通信課程 第1類(哲学)在学中
日本現代詩人会会員

2012年、『五日間のお遍路』小諸・藤村文学賞最優秀賞、『青い意志』部落解放文学賞・詩部門、『噛みつき男爵』オール讀物新人賞最終候補、『手紙』伊東静雄賞佳作。

2013年より『現代詩手帖』に詩の掲載が始まり、夏、AmazonKindleストアにて、電子書籍の出版を開始。 『祖父からの「もやい」』で日本語大賞優秀賞、のちにNHKラジオ『ラジオ・ハートストーリーズ』内でドラマ化、「もやい」としてオンエアー。

2014年、『父、かえる』木山捷平文学選奨、最終候補、『沖縄の雪』ゆきのまち幻想文学賞・佳作第一席、『にせの寝太郎』阿賀北ロマン賞・童話部門、審査員特別賞、『十五歳の君に』部落解放文学賞・詩部門。

2015年、ふらんす堂より、第1詩集『九月十九日』を出版。

2016年、同作で第49回小熊秀雄賞ノミネート。第18回小野十三郎賞受賞。

2018年、思潮社より、第2詩集『月影という名の』を出版。


【作品】
小諸・藤村文学賞最優秀作品集 あたたかき光(2)「五日間のお遍路」 2014
ゆきのまち幻想文学賞・小品集(24)「沖縄の雪」 2015 
現代詩手帖12月号(現代詩年鑑)「2014/07/01」 2016
樹林・冬号 Vol.623「小野十三郎賞特集」 2016
樹林・春号 Vol.625「受賞者特集(1万字インタビュー)」 2017
ふらんす堂通信 151「はじまりの手」・エッセー「ふたつのからだ」  2017
現代詩手帖12月号(現代詩年鑑)書評・河津聖恵著『夏の花』・「手と足の巡礼」 2017
現代詩手帖5月号・新鋭特集「割り切れぬ朝に」 2018
朝日新聞・夕刊 2018/07/25「昭和」
現代詩手帖9月号(金時鐘特集・エッセー「裸足の聖人」) 2018
現代詩手帖12月号(現代詩年鑑)「苦涙の露(くるいのつゆ)」 2018

【メディア】
朝日新聞・関西版(夕刊) 2016/10/03 小野十三郎賞 受賞インタビュー(リンク)
東京新聞 2016/10/07
朝日新聞・関西版(夕刊) 2016/11/28 小野十三郎賞 授賞式(リンク)
朝日新聞・デジタル版 2016/12/28
神戸新聞 2017/11/10 文学講座紹介「創作への思い語る」

【ドラマ】
NHKラジオ『ラジオ・ハートストーリーズ』 作品『もやい』 2013/07/09 OA

【イベント】
房総てしごと博覧会 2016/10/7~10/16 ブラウンズフィールド・慈慈の邸(蔵ギャラリーjiji)
TOKYOポエケット2017  2017/7/9 両国・江戸東京博物館 
TOKYOポエケット2018  2018/7/15 北千住アートシアター・BUoY(ブイ)
第24回 クロコダイル朗読会 2018/9/30 原宿クロコダイル
房総てしごと博覧会(応援朗読ゲスト) 2018/11/4 ブラウンズフィールド・慈慈の邸(蔵ギャラリーjiji)
第27回 文学フリマ東京 2018/11/25 東京流通センター第2展示場

【講演】
姫路文連主催『七つ転んで、詩が生まれる』 2017/11/07 姫路文化会館・第1教室 


電子書籍・AmazonKindle作品一覧】

【長編小説】(カッコ内は執筆年)

【短編小説集】

【童話集・童話】


【詩集】
九月十九日 2015(2012-2015)


【Q & A】

Q. 小説、詩、童話、シナリオなど、いろいろ書かれていますが、何から読めばいいですか。 

A. 掌編集『キャベツ夫人と、その他の掌編』は、肩ひじをはらずに、さらっと読み通せると思います。変わり種の噛みごたえがお好みなら、長編小説『湖上の回廊』など。また、ブログ内をたどっていけば、いくつかの散文や詩が、森のキノコのけなげさで、こっそり隠れています。

Q. 商業出版の本とほとんど値段が変わらないのですが、販売価格はどのようなポリシーで決めていますか。

A. たくさん読まれることももちろん大切ですが、どちらかというと僕の書く物語は「消化こそ悪いけど、なんだか腹持ちはいいな」と思われる場所を目指しています。そのゴールは荒波をこえた辺境の果てにあるので、そのぶん旅費も高くなるみたいです。

Q. 好きな作家、あるいは影響を受けたアーティストなどはいますか。

A. ほとんどの方が、すでに土に眠っています。一部の方が、毎朝走ったり、アトリエで絵筆を握ったり、青山のブティックでトルソーを睨んだりしています。

Q. 執筆のさい、音楽は聴きますか。

A. 聴いていますが、聴いていません。ある長編を書くときに、一日中エンドレスで内田光子の演奏する、モーツァルトのピアノ協奏曲をかけていました。おそらく3000回以上、同じメロディーが耳の穴をこそばしたはずですが、それが第何番なのか、いまもって知りません。

Q. 好きな動物はいますか。

A. 恵比寿のアパートで暮らしていたときに、毎日オスの黒猫が遊びに来てくれました。三回ほど、二人きりで年越しをしたでしょうか。いまでも彼がまとったやわらかなぬくもりが手のひらに残されていますし、塀にのぼってこま犬のように帰りを待ちわびていた夜の光景が、ありありと思い出されます。

Q. これから書きたい物語はありますか。

A. まだ表には出してないですが、すでに長いものから短いものまで、ひととおり書き切ってしまいました。これから時間をかけてネジの締め直しをし、たき火をかこむ村の語り部のつもりで、のんびり一作ずつ発表していきたいと思います。手を動かしてさえいれば、空井戸の底はそのうちしめるはずです。